わざと選んだ薄めのカーテン

私の部屋のカーテンは、他の部屋より少しだけ薄めのものを使っています。
遮光カーテンなどを選ぶ方が多いのになぜ薄めにしたかというと、自然な光が部屋に入ってくるほうが良いと考えたからです。
私は、目覚まし時計の音で起きるのが苦手で、目覚まし時計を使うのは年に1、2度ぐらいしかありません。
それでよく同じ時間に目を覚ますことができると、たまに驚かれることがありますが、それは自然な太陽光が差し込んでくるため自然に起きることができるのです。
朝の太陽の光は、体の体内時計をリセットしてくれるといいます。
人間の体内時計というのは、24時間で少しずつずれてしまうものなのだそうです。
それが、朝、太陽光を浴びることでずれをリセットできるのだといいます。
そうすることで、健康に生活することができるのだそうです。
その話を聞いてから、カーテンは薄手のものを選ぶようになりました。
夜、外から中が見えなければ機能的には十分だと思っています。

プライベートにこだわるならカーテン

カーテンにはいろいろあります。
熱をさえぎるものや、冷気を抑えるもの、光を入りにくくするものや、外から見えない様にするものなどあり、生地や色などもさまざまです。
部屋の模様替えや、引っ越しなどさまざまなシチュエーションで、買い換えや購入すると思います。
特に一階などの低い位置に部屋があると、外から丸見えで恥ずかしい思いをする事でしょう。
隣のビルなどとくっつきそうなくらい、隣接している所もありますので、そういう所に住んでいる所もあるのではないでしょうか。
プライベートにこだわりたい人や、恥ずかしい思いをするくらいなら、見えない工夫をした方が良いと思います。
通販で購入出来たり、実際に店舗へ出向き生地などを確かめた上で、購入する方法やオーダーメードなどもありますので、自分にあった方法で購入して見て下さい。
インテリアにこだわるなら、その部屋にあったカーテンにもこだわってみてはいかがですか?購入の際は、長さや幅、大きさなどを図った上で購入して下さい。