遮熱カーテン

夏場はかなり気温も上がりますが、屋外はもちろん、室内もかなり暑くなりますので、しっかり対策を行っておきたいところです。
室内でも熱中症になることは少なくありませんし、かといって強い冷房は苦手という人もあるのではないでしょうか。
部屋を涼しくする工夫は様々な方法がありますが、窓から入ってくる熱も室内の温度をあげてしまう原因となりますので、窓辺の対策もしっかりと行っておくことがおすすめです。
窓辺の暑さ対策で、効果的でしかも手軽に導入できるものとしてはカーテンがあげられます。
カーテンは様々な種類があり、強い日差しから部屋を守ってくれますが、遮光カーテン、遮熱カーテンと呼ばれる商品を選んでおくとより高い効果を期待することができます。
既製品でもこうしたカーテンは販売されていますが、オーダーカーテンならより好みに合う素材、色柄のものが購入できますし、窓のサイズにぴったりのカーテンを作ることもできる野もメリットです。
遮熱カーテンを利用すれば、それだけでもかなり窓からの熱を防ぐことができますし、冷房の効率も高めることができ、省エネ効果も期待することができます。
厚地のものは部屋が暗くなってしまうこともありますが、レースカーテンも遮熱タイプにしておけば部屋の明るさを損なわずに暑さ対策ができます。

省エネカーテン

住宅に外気の影響を与えるものといえば、外壁と窓が挙げられる事が多いですが、その中でも窓は外気の影響の7割近くの原因となるとも言われています。
窓からの寒さ対策ができていないだけで、エアコンの温度設定も余計に上げなければいけなくなり、自然と光熱費が向上してしまう可能性もあると考えなければいけません。
寒さが苦手だという方は窓を二重サッシにするなど、窓そのものを取り替える対処を始めている方もおられますが、どうしても費用が大きく膨らんでしまうものです。
そんな費用を抑えながらも寒さ対策を進めるために、外気からの影響を減らしてくれるオーダーカーテンを注文してみるのはいかがでしょうか。
断熱性能に優れている生地であれば、暖かい時間帯には日光を採り入れて室温を上げてから、夕方になる頃にカーテンを閉めて暖かい空気を逃がさないという対処がとれます。
外気の寒さをスムーズに遮断できる生地というのは、同時に遮光性能に優れている事が多いという点も、オーダーカーテンの中でも人気となっている理由です。
月々の光熱費を削減できるだけではなく、朝日が眩しくて目が覚めてしまうという事態も防ぎやすくなるという特徴を、喜んでいる方も沢山いらっしゃいます。