遮光カーテンとは

遮光カーテンとは、言葉の通り光を遮るカーテンです。
通常のカーテンの布は、意外に薄い物で光を通してしまうでしょう。
日中ならそこまで気になりませんが、朝になるとどうしても陽の光がカーテンを遮り、明るくて目が覚めてしまう方も多いのでは無いでしょうか。
カーテンを遮光カーテンに変える事で、外が明るくても光を通さずに室内を暗く保つ事が出来るでしょう。
遮光カーテンを選ぶ人は、寝室を暗くしたい、朝日等外の光をしっかりと遮断したいと言う方が多いでしょう。
しかし他にも、室内の光や人影を遮断したいと言う方も居ます。
夜間になり自宅の明かりをつけると、外に光が漏れてしまいますよね。
そのせいで人影が見えたり、自宅に居る事を他人が知る事になるでしょう。
防犯的な意味でも遮光カーテンは効果が有るのかも知れません。
また、中にはホームシアターを楽しみたいから遮光カーテンを取り入れると言う方も居ます。
大画面のテレビで、音響設備もしっかりと整えたら、あとは日の光を遮るだけで映画館の雰囲気がでますよね。
その為に、自宅に遮光カーテンを取り入れている方も中には居るそうです。
実際に、遮光カーテンは日の光を遮る事が出来るのでしょうか。
遮光カーテンには遮光等級があります。
基本的には1級から3級まで設定されており、数字が小さい程遮光の度合いは高くなります。
1級の遮光カーテンであれば日の光を殆ど通さないでしょう。
自宅に人がいても、明かりを付けても殆ど気づかれません。
逆に、3級であれば室内は暗くなりますが、人がいる事や室内に電気が付いている事は分かるでしょう。
自分の好みと値段で選びましょう。