シャギーラグマット

ラグマットといえばシャギーが付いた手触りの良い生地や、弾力性を重視した生地などをイメージされるかもしれませんが、それ以外にも沢山の種類があります。
近年ではアジアンテイスト溢れる、竹やイ草を使ったラグマットも人気を集めており、それぞれの素材の良さを最大限に活かそうとデザイン設計を考えられているのです。
竹とイ草のどちらも香りの良さを重視して、作り立てのラグマットの香りをお客さんに届けようとしている事も多く、嗅覚からも品質の高さを実感できます。
アジアンテイストを意識して作られたラグマットは、十分に透湿性も高めてくれるので、イ草で作られたラグマットを布団の下に敷いているという家庭も多いです。
そうする事でリビングの部屋だったとしても、床の上に布団を敷きやすくなって、和室気分を部分的に堪能できるという点が評価されています。
和室がまったく存在しない家庭に引っ越したけれど、畳などが恋しくなってきたという時にも、大幅なリフォームも必要なく畳の良さを堪能できるのです。
ラグマットの種類の選び方一つで、コストパフォーマンスの良さも体感させてもらえますから、色んな種類があるという事を意識してラグマットを比較しましょう。

コメントを残す